社内不倫はなぜ起こる?社内不倫に発展するきっかけはコレ

社内不倫はなぜ起こる

不倫の中でダントツに多いのが、社内不倫。

バレるとリスクが高いはずの社内不倫ですが、不倫関係に陥っている人が後を絶ちません。

なぜ社内不倫が起こりやすいのか、不倫が起こりやすいきっかけや何をきっかけにバレてしまうのか、そしてバレたらどうなるのかをそれぞれ見ていきましょう。

なぜ社内不倫が多いのか?

まずは社内不倫が多い理由を見てみましょう。
社内には不倫に発展するきっかけがゴロゴロ転がってるんです。

相手を知る機会が多い

社内不倫に発展するきっかけナンバーワンが、飲み会です。

歓迎会、送迎会、忘年会、打ち上げなど、会社で行われる飲み会で親しくなって不倫関係になった、というのがよくあるパターン。
飲み会では、社内で見せる姿は違うプライベートな姿を見ることができ、そのギャップのギャップが新鮮に映ります。

自然と相手に興味を持つようになり、異性として好きになるのも不思議ではありません。
また、お酒が入ってしまうと気が緩んでしまい、普段はガードが堅い人でも警戒心を緩めてしまいがち。

酔った勢いでそのまま不倫関係に陥ってしまう、というケースもあります。
パートナーの務める会社が飲み会が多い場合は、注意が必要かもしれません。

最近は開催する企業も少なくなっていますが、社員旅行も不倫の温床になっています。
旅行先ではリラックスできる環境なので、いつもよりもフランクに接することができます。

旅行中に起こる予期せぬアクシデントも、二人の距離をグッと縮めるきっかけになることも。
パートナーが社員旅行に行く場合は、旅行後に態度が変わっていないか、注意深く確認することをオススメします。

長所が見えやすい

仕事を一緒にしていると、相手の優しさや真面目さ、頼りがいなど良い面を見ることができます。

・仕事のミスをさりげなくフォローしてくれた
・決断力がある姿に惚れ惚れした
・慣れない仕事なのに前向きに頑張っている姿に好感を持った

など、相手の長所を見つけたことをきっかけに、次第に親密な関係になっていくケースは少なくありません。

特に女性は仕事を精力的にこなしていく男性に惹かれやすく、好きになってしまう傾向があります。
惚れっぽい人は、社内不倫を起こす可能性が高いので注意が必要です。

二人きりになる機会が多い

同じ会社で働いていると、残業、仕事上の相談など、自然と二人きりになるチャンスが多く訪れます。

・残業を一緒にこなした後、打ち上げで二人きりで食事に行く流れになった
・休日出勤をした時に、普段はしないプライベートな話をするようになった
・悩み事に気づいてくれて、親身に相談に乗ってくれた

などは不倫のきっかけでよく聞かれるパターン。
二人きりになるとデートに誘いやすいので、その後に不倫に発展する可能性大です。

最初はその気がなくても、二人きりの時間が長くなると相手に親近感がわき、大事な人だと思うようになることも。
特に悩み事を抱えていたり、仕事に追われていて余裕がない時は、相手に救いを求めて不倫に走る傾向があります。

仲間意識が芽生える

同じ仕事をしていると同じ苦労や喜びを経験することになり、次第に互いに信頼感を持つようになり、仲間意識が芽生えていきます。

同性の場合は戦友意識になりますが、異性の場合はそれが恋愛感情に変換されることは珍しくありません。
大きな仕事を一緒に行い、苦労しながら成功に導いた場合、大きな達成感を分かち合うことができます。

その感情に揺さぶられて不倫関係に陥ってしまうことは十分に考えられます。

社内不倫はなぜバレる?

社内不倫は始まるきっかけが多くあると説明しましたが、バレるきっかけも多くあります。

次は社内不倫がなぜバレるのか、見ていきましょう。

デート現場を発見された

ベタですが、休日や仕事終わりのデート現場を家族や会社の人に目撃されて発覚するケースは少なくありません。

バレないように会社から離れた場所でデートをしたとしても、どこで誰が見ているか分かりません。
パートナーの友人が偶然見てしまう、というケースもあります。

二人でいるからといって不倫を決定づけるものではありません。
でもこれをきっかけに社内に噂が広がったり、パートナーにバレてしまうことは十分に考えられます。

同僚からバレた

友人や同僚など、不倫を告白していた人が周囲に話してしまい、バレるというケースもあります。

女性の場合は相談目的で告白する場合が多いですが、男性の場合はうまく遊んでいるという優越感から自慢交じりに話すことも。

・面白がって周囲に吹聴する
・不倫自体を良く思っておらず、止めさせようとして密告する
・不倫している人が職場にいると業務に支障をきたす

など、バラしてしまう理由は様々です。
自分から不倫の事実を告白しているので、その人からバラされたらその時点で終了です。

二人の態度からバレた

決定的ではないものの、二人の態度から不倫がバレることはよくあります。

・ふとした時に見つめ合っている
・手や肩に触れたりとスキンシップが多い
・会議室などの密室に二人でこもっている
・飲み会の途中に二人が消えている
・同じ日に休暇を取っている

こういった親しげな雰囲気を出していると、周囲の人は怪しむようになります。

特に女性は恋愛の嗅覚が鋭いので、自分では上手に隠しているつもりでもあっさりとバレることがあります。

社内不倫がバレた人たちの末路

では、社内不倫がバレた二人はどうなるのか、確認をしておきましょう。
社内不倫は離婚以外にも大きなリスクが潜んでいます。

懲戒処分を受ける

不倫が会社にバレた場合、異動、降格、減俸、諭旨退職、懲戒解雇などの懲戒処分を下されることがあります。

男女同等に処分されることもありますが、男性側が社内での立場が重い場合、一人だけ処分が軽くなることもあります。
女性だけ退職を余儀なくされた、という理不尽な扱いをされることもあります。

これまで積み上げてきたキャリアを手放さなければならず、不倫が理由の解雇では、転職先を楽に見つけることも難しいはずです。
戒告や始末書の提出などの軽い処分であっても、周囲からの目は厳しくなり、社内に居づらくなることも。

精神的に追い詰められて自主的に退職する、という人も多く見られます。

慰謝料を請求される

配偶者から慰謝料を請求されるのも、不倫の大きなリスクです。

多額の慰謝料の支払いを求められる可能性があります。
社内不倫の場合は慰謝料の未支払いが発生すると、給料の差し押さえ手続きもスムーズに進みます。

社内不倫は精神的なダメージだけではなく、金銭的なダメージも大きいので、覚悟が必要です。

社内不倫の可能性を疑ったら

社内不倫の可能性を

社内不倫は、二人の仲が発展しやすい環境にあります。

また、社内不倫は大きなリスクもはらんでいますが、そのスリルをスパイスにして楽しんでいる人も。
パートナーや不倫相手への怒りのあまり、感情的に行動を起こすと、名誉棄損で逆に訴えられてしまうことがあります。

もしも社内不倫を疑ったら、自分では調査をせずに弁護士や探偵の力を頼りることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました